キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 フェア期間中の結婚指輪は素材や質が落ちる? : まさかの結婚指輪で困ったら

フェア期間中の結婚指輪は素材や質が落ちる?

フェアやセールで売られている結婚指輪は訳アリの品かと聞いてきた質問者への回答です。そのようなことはあり得ないと記述し、新作製作・企画の現場を紹介し回答とします。

まさかの結婚指輪で困ったら

フェア期間中の結婚指輪は素材や質が落ちる?

フェア期間中にジュエリーショップの店頭に並んでいる結婚指輪は、在庫の一掃品やキズモノなのでしょうか。

一般論としてあり得るのか、お話ししておきましょう。

■現場は最新作を提供するのに必死。

フェア期間中だからといって、ワケアリの結婚指輪を店頭に並べていたりするワケではありません。

たとえば結婚シーズンの最盛期にあたる6月を見込んだ前倒しのフェアなどは、最新のトレンドをギリギリまで見極めて販売戦略・フェアの企画に入ります。

仮に粗悪品だとか在庫のリニューアル品などということがあれば、すぐにお客にバレてしまいます。

そのようなことで利幅を稼いでも、ネットの時代は通用しません。

他店よりも最新の素材とデザインで、いかに高付加価値をつけて売るかが大命題です。

■結婚指輪・婚約指輪の実際。

ジュエリーの世界に正規品・不正規品という表現を当てはめるとしたら、盗作デザイン、模造品、密輸入品などです。

露天商にはありがちなことですが、名のあるジュエリーショップ、町で信頼を得ている路面店で、そのようなことはありません。

貴金属類で売れ残ったものは、再度、炉で溶かして新しい結婚指輪をつくったりする際の材料に生まれ変わります。

■フェアというのは最大の需要期にお客様を逃さないためのイベントです。

結婚指輪などは、他の業界の在庫一掃とは意味が違います。

フェアで言う「お値打ちな結婚指輪」というのは、高品質であるのに普通では提供していない価格をつけて売りに出すという意味です。

在庫を安く売りさばくのとは意味が異なります。

また価格でなく、付帯するサービスなどを増やすショップもあります。

メールフォーム

お問い合わせはこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright (C) まさかの結婚指輪で困ったら All Rights Reserved.